何も出来ない

私は、ある1人の男性に恋をしました。
特に個性があるわけでも、主張が強いわけでも目立つわけでも無い彼。
それでも私は恋をしました。

好きになれば、彼が目立った存在に見えてきますし
また彼の視線を何とかして自分に向けることが出来たら・・・と考えるようになって行きました。

実際、時々彼とは徐々にコンタクトを取る密度が濃くなっていましたし
恋愛関係を期待する瞬間も沢山出てきました。
たとえ、短いサイクルで恋が終わってしまうとしても、彼と繋がりたい。
そう強く願うようになったのです。

それからは彼のことを特別な存在だとアピールするようになりました。
きっと、その言動は彼に伝わっていたと思います。
が、彼とは仲良くなっていくものの恋愛的な関係に近づいている雰囲気は皆無でした(苦笑)

そんなある日、彼とのメールや電話同様のつながりの1つである某SNSで彼の一言を見ました。
「ある人と話をしていて同時に眠ってしまったからまた電話が来ても良いように待機している」
という早朝の呟きでした。

それを見たとき、私は彼の意識の中では蚊帳の外で何も出来ないんだという状況を受け止めることとなりました。
辛いことではありましたが私はそうして1つの思いにそっと区切りをつけたのです。

人には誰しも、その人生において特別な出会いがきっとある!

私にとって、最も印象的な出会い。人生で一番大切な出会いだったかもしれません。
彼との出会いは大手電機メーカーの書籍コーナー、勤務初日のことでした。
私はその頃別のアルバイトと掛け持ちで働くことに決めた、いわばフリーターであり、彼は近隣で有名な大学の3年生でした。
数ヶ月前にバイトとして雇用されていた彼は、不慣れな私を気にかけ、仕事に始まり職場のあれこれを教えてくれたりと、何かと助けてくれる優しい人でした。
といっても良い人だな、という印象こそあれど、当初は異性として意識するまではいかなかったのですが、彼の方が私を見初めてくれたようで、仕事上でも付き合いが長くなるにつれお互いのことも知ることができ、数ヶ月の後に交際に発展したのです。
私は最終的にその書籍コーナーの方の仕事ではなく、元々していた仕事1本で働くことにして同僚という間柄ではなくなったのですが、その頃にはもう付きあいも長くなり、その後も交際は何の問題もなく続きました。
後になって思ったことですが、私がその大手電機メーカーの書籍コーナーの求人広告を見掛けたのも偶然ですし、フリーターは何かと大変だと聞いていた為に面接を受けるか迷ったという経緯もあったものですから、あの時私がそこに行かなければ出会いが無かったと考えると、何だか不思議な感じもします。
それに交際期間中に彼が遠方の勤務先に就職した為、いろいろと不安もあったのですが、週末にマメに帰って来てくれたりと、出会った頃から変わらず彼は誠実な人で、この人なら…と段々思いが芽生えてきた頃に、プロポーズをしてもらいました。
そう、今の主人は、その時の彼です。
出会いから交際4年目にして結婚することとなり、子どもも一人生まれて幸せに暮らしています。
出会いは、本当にどこに転がっているか分かりませんね。
思うのは、人には誰しもそういう縁があるのではないかな、ということです。
私もこの縁を大切に、末永く家族仲良く過ごしていきたいと思っています。

恋愛相談なら占いが便利ですが、人に聞かれたくない相談もありますよね・・。そんな時はhttps://xn--n8j9lqe362l0sar23x8lsa.net/
でおすすめの電話占いを見つけてみてはいかがですか?

エッチな出会い

まだ若い頃の実話です

昔からパチンコが好きで、休みの日はよくパチンコ店に出かけていました。特別運が良い方ではないので、勝つこともあれば負けて寂しく帰ることもありました。そんなある日に予想もしない出会いがありました。好きな機種で打っていると隣に若い女性が座りました。私はその日は絶好調で、後ろにはドル箱を何杯も積み上げていました。その女性もよくその機種を打つようで、「どうしたら出るんですか?」というような事を聞かれました。「ついているだけですよ!」という返事をしたと思います。そんな出会いでしたが、まさかホテルまで行くことになるとは思っていませんでした。
その女性は既婚者で子供はいなくて、ちょうどその日は旦那さんが出張中のようでした。

私は当時独り者で、時間は自由にありました。会話が弾み、私が勝ったお金で食事に行くとになりました。駅前にある居酒屋でビールを飲みながら好きなものを注文しました。セフレもほろ酔い加減になり、店を出た時は私に腕を絡めてきました。「この出会いで結論を出そう!」と私は考えました。彼女も同じ事を考えていたと思います。何も話さなくても自然に裏通りにあるラブホテルへと向かいました。
二人とも時間は十分にあるので、特別慌てることはありませんでした。私がゆっくりと先に入浴し、出てきてからテレビを見ていました。その後彼女も入浴し、出てきた時は色気たっぷりの姿になっていました。

セフレもたまっていたのか、激しく唇を求めてきました。
お互いの腰をこすりあうような姿勢で、私は固くなり、彼女は潤ってきました。
最初のエクスタシーまでは約2時間を要しました。時間をかけてじっくりと攻めました。このようなセックスも久しぶりだったようで、彼女は途中何度も果てるのでした。翌朝にかけ、シャワーを浴びてはセックスという繰り返しで、ふらふらでした。しかしセフレも私も久しぶりに濃厚なセックスができ、心身ともに充実した夜となったのです。

セフレってどんな関係?

セフレとはセックスフレンドの略の事で、恋愛感情のない相手とセックスのみを楽しむ関係の事です。
ただし、セックスのみを楽しむ関係と言っても、ホテルで会ってホテルで即効別れるセフレもいれば、一日デートを楽しんで最後にセックスを楽しむセフレもいます。
セックスだけの関係よりも、一日デートを楽しむ関係の方が、セフレとして大事にされている気がすると思うかもしれません。
ですが、それは一概にそうと言い切る事が出来ないのです。

例えばセフレ関係がお互いに既婚者同士の場合、一日デートをすれば、それだけ周囲や家族にセフレ関係がバレるリスクが高まります。
不倫関係では、第一にバレない事が鉄則ですから、慎重に行動した結果、ホテルで会ってホテルで即効別れる方が、お互いに安全で良好な関係を築けるかもしれません。

またフリーなら疑似恋愛を楽しみたいのか?と言えば、それは人によりますよね。
仕事が忙しく、一日デートに時間を費やすぐらいなら、ゆっくり身体を休めたいと思う人もいるでしょう。
また恋人を作るのが面倒だからセフレを作っているのに、何でわざわざセフレと疑似恋愛を楽しまないといけないの?
そんなふうに思う人もいます。
つまりセフレ関係とは、お互いにどんなセフレ関係を築きたいのか確認し、自分達が望む付き合い方が出来ている方が良好な関係を築けるのです。
だから決してホテルでやるだけの関係で、それだけだと虚しいと思っているわけではないのです。
むしろ、そんなセックスのみする関係だからこそ、セフレ関係は都合がいい、そう思っている人もたくさんいます。